梅雨の季節の前に知っておきたいこと

「 ありがとう 」 の後にプレゼントに贈り、贈られる機会の多いお花たち永く楽しんでいただけるプリザーブドフラワーですが少しの気遣いをすることでその美しさを保つこともできますプリザーブドフラワーは「高温多湿が苦手」です特に、これからの梅雨の時期は少し注意が必要になります湿度の高い日が続くなどした時には湿度管理できる所へ置いてあげると良いでしょうプリザーブドフラワーは湿度の影響を受けますと花びらが一部...

プリザーブドフラワーの取扱と注意点 5

長く楽しむために知りたいこと・・・【時間の経過とともに変化します】保存が良ければ数年は楽しめます輸入先のヨーロッパでは10年楽しめた実績が報告されていますが、日本は湿度が高く気温差が激しいので保存期間に影響を与えるようですプリザーブドフラワーの花保ちは保存状況によりケースバイケースですが、時間の経過とともに褐色したり、乾燥したりホコリになどの汚れによりしだいに変化します「プリザーブドフラワーは何年も...

プリザーブドフラワーの取扱と注意点 4

長く楽しむために知りたいこと・・・【ホコリがついてしまったら】長く飾っているとホコリがついてしまう事がありますプリザーブドフラワーは繊細なのでなるべく触らないほうが良いのですがどうしても、気になる場合は花より柔らかい質感の筆チークブラシなどで花びらを傷つけないようにそっと払うと良いでしょうもしくは、ドライヤーの冷風を弱くして風量を調節しながら吹き飛ばすと良いでしょうプリザーブドフラワーは長く楽しめ...

プリザーブドフラワーの取扱と注意点 3

長く楽しむために知りたいこと・・・【直射日光を避けて】プリザーブドフラワーは直射日光のような強い光は色褪せの原因ともなります窓際など光の当たる場所に置くとプリザーブドフラワーの色が抜けて白っぽく退色してしまいます窓際など直射日光を避けて飾りましょう...

プリザーブドフラワーの取扱と注意点 2

長く楽しんで頂くために知りたいこと・・・【湿気に弱いこと】湿気に弱く、特に夏場の湿度は大敵です色移りやカビの原因となる高温多湿の場所は避けることをおすすめします日本の環境では特に梅雨から夏にかけては注意しましょう「 こんな時はどうしたらいいの? 」【花びらが透けてしまったときに】プリザーブドフラワーは高温多湿の時期には湿気の影響で花びらが透明になってしまう場合があります湿気を吸って花びらが透けたよ...

プリザーブドフラワーの取扱と注意点 1

長く楽しんで頂くために知りたいこと・・・繊細で壊れやすいので取扱は丁寧にプリザーブドフラワーはとてもデリケートなお花です乱暴に扱うことは厳禁です花びらなど壊れやすく、傷つきやすいので優しく丁寧にお取扱い下さい特に注意が必要なのは乾燥が続く時期ですお花に含まれている水分が少なくなりますので花びらの先端に触れてたり、衝撃を与えたりしてしまうと割れやヒビの発生の原因になりますこの時期は、少しホコリが気に...